☆☆☆

開会の儀


 猫のトイレの砂がなくなったってんで、いつものホームセンターへ向かった。2通りの道筋があるが、一方が渋滞している。日曜日というのもあるが、これは事故かなというような渋滞に思え、迂回路に廻るとここも更なる渋滞。ノロノロ運転が続く。人は虫と同じなのか、気温が和らぐとゾロゾロと這い出してくるらしい。あきらめて近くのスーパーで購入することにした。

 さて冬季五輪。開会式の模様を見た。やはりプロジェクションマッピングを使ったりしていて、リオと同じような感触がある。開会式の費用は北京が日本円で100億、ロンドンが33億、リオが3億というデータが残っている。金を多くかけたからといって圧倒的に記憶に残るというものでもないらしい。東京では開会式の入場料が25000円から15万円と言われている。10万人の客を入れて10万円ぐらいぼったくれば100億かけても大損することはないかもしれないが、開会式っていったい何?というような疑問も湧こうというもの。国の威信を懸けたマスゲームというか、国威発揚の儀式というか、そんなことを説明されても分からないし的な当該国の事情も折り込まれる。そのような傾向がルーティン化されているらしい。



 さて東京でも同じようなことをするのだろうか。私たちはアジア諸国を侵略した苦い経験があります、などとは決して言わないだろう。慰安婦問題?とんでもない、知りませんよそんなことってなものだろうし、核の被害国ですよなどとも言えない。そのようことには一切触れずに、世界平和などと発信することになるに違いない。それは政治的な問題であり、スポーツの祭典に相応しくないという理由で、拉致被害者を返せなどとも言えない。ま、早い話が建前で取り繕う儀式だともいえる。祭だから派手にするのはいいのだが、どこかにナショナリズムの匂いを感じると多少ゲンナリするのも確かなのだ。



 北と南の選手が肩を組んで聖火台へ上る瞬間など、これは政治的なパフォーマンスで、見ていてこちらとしてはどのように反応していいものか困ったりするわけだ。


 個人的な意見だが、開会式などというものは、選手入場の後見たこともないような大きなくす玉が出て来て、ファンファーレと共にパッカーンと開くぐらいがちょうどいいのではないかと考える。

拍手[0回]

リュック


 明日から冬季五輪が始まるらしい。またもや連日「メダルだ、メダルだ」と騒ぎ立てるに違いないワイドショー番組の毎与太にウンザリさせられるわけだ。しかしながら、この冬のオリンピックに関しては圧倒的に若い人たちのものであって、おっちゃんおばちゃんはスゴスゴと引き下がるしかない。スキーでジャンプしつつクルクル回転するなど正気の沙汰とも思えないし、おっちゃんなどには荷が重過ぎるようにも見える。技より瞬発力でっせってな感じだ。
 さて、その若い人たちなんだが、何時ごろからだろうリュックを背負うようになったのは。世代的な感覚で言えば、リュックは遠足などで使うものであり、出番は年に一度か二度だった。近ごろはバックパックとも言うらしく、そもそもリュックサックってのがドイツ語だということも最近知った。中に何が入っているのかは知らないが、だいたい大きく膨らんでいるところを見ると、かなりのものが詰め込められているに違いない。「毎日遠足かよ」ってなものだが、これを毎日背負って歩くのは大変じゃないのだろうか。個人的には若いころから楽器を下げて歩くという習慣があったものだから、それ以外は身軽に済ませる癖が身に付いた。財布だって持ったことがないぐらいで、金は裸でポケットに突っ込むってな案配だ。そんな風だったからあの大きなリュックに何が入っているのか想像もつかないのだ。以前リュックの中身を見せて下さいというような番組を見た事があって、その時のリュックの中身は飲みさしのペットボトルやヘッドフォン、充電器に書籍といったようなものだった。どうしても持ち歩かなければいけないというようなものではなかった。で、ま、スマホが幾つも入っていたりする人もいて笑っちゃったのだが。

拍手[0回]

とりあえずスマホ


 このところ久々に何度も電車に乗る機会があって、乗客の生態が変わったなあとつくづく思わされた。10年以上前からその傾向は始まっていたが、さらに加速して驚いた。ずいぶん前に山手線の新宿駅で降りて中野方面行きに乗り換えた。乗ってきた山手線のドアがプシューと閉まり、動き出した車内を振返って笑ったことがあった。つり革を持ってこちらを向いて立つ人のほとんどがスマートフォンを片手に画面を食い入るように見ていたのだ。反対側でも座席に座っている人もそうだったろうし、それは異様な光景だった。




 ひと昔前は電車の中で新聞を読む人もいたし、週刊誌を読む人もよく見かけた。代表的な新聞で夕刊フジというものもあったが、さすがに売り上げは低下しているらしい。電車に乗ってきて座席を確保した人、7人掛けの椅子の4人ほどが最初にやることはスマホを開くこと。それはあらかじめ決められていることのようで、待ちかねたと言わんばかりに迅速に行なわれる。あんちゃん的青年はゲームでもやっているのか画面から目を逸らすことはなく、表情はかなり真剣に見える。以前のように手持無沙汰で空虚な時間は失われ、電車の中でも有意義な時間を過ごすということになるのだろうか。ようするに早い話が時間つぶしだ。人は何もしない時間を勿体ないと考えるらしい。何かをしていないと落ち着かないわけだ。それで手のひらサイズの小宇宙がとても大事なものになったようにも見える。その小宇宙が発信するものの受け手として人は現代の社会に組み込まれていて、思考形態も徐々に変化しているに違いない。オイ、爺さんもスマホに代えろ、代えろと何度も犬テーテーからパンフレットが送られてきたが、なにしろ通話とメールさえ出来れば問題はないこちらとしては無反応。近ごろはあきらめたのか送ってこなくなった。そういう反応のこちらとしては、座席に着くなりスマホを広げる様子はとても奇妙に見えるのだ。

拍手[0回]

雪が降る


 大石氏に譜面と資料を届ける約束があって、昨夜は雪の心配もあったから電車で吉祥寺サムタイムに向かった。車の場合と違い、JRでも京王線でも大きく迂回するような路線だから思っていたよりすっと遠かった。で、ライブスケジュールの日程調整などをしつつ、ワンステージを聴いて帰ってきた。9時ごろ吉祥寺の駅周辺ではすでに雪が降り始めていた。思いきり降って見せますと高らかに宣言するほどの降り方ではなかったが、忌ま忌ましいことにぐずぐずと降り続ける気配はあった。


 で、今日の朝、オーッ、また積もったか、なんと美しい。などと言っているばやいではないのだ。再び雪かきだ。前回はライブのために車を出せる状態にすることが大事だったが、今回、駐車場は放置してバス関係の通路だけ確保することに決めた。




拍手[0回]

見果てぬ夢


 故人となってしまった宮地利治の四十九日が迫り、線香でもあげに来てくれとの連絡を受け、諸般の事情で葬儀もなかったので是非もなし。電車ではるばる向かった。線香をあげた後、晩年の彼がどうだったかなどを聞き、もちろんこちらは20代の楽しい時代の記憶しかないわけだけど、ある部分戦友を失ったようなものだと痛感した。晩年の彼はライブ活動に精を出していたようだが、ライブギグのギャラだけで喰っていけるわけもなく、あまつさえメンバーのギャラは持ち出しの場合が多かったという。持ち出しとは、チャージバックの金を当てにせず、リーダーが自分の懐から工面することを言う。当然赤字だ。ライブハウスがレンタルホール化したのはいつ頃からだっただろう。ライブハウスの暖簾だけで客が集まる時代はとうの昔に終わり、出演者の集客能力頼りで営業するようになった。それでもライブを続けたいという演奏家は持ち出しでギグを行なうことになる。世間様から必要とされてないとも言えるし、それは自己満足のための行動だと言っても差し支えない。そりゃ、ま、満席ソールドアウトになれば万万歳だが、そのような演奏家は限られている。悲観的に考える材料はいくらでもあって、楽観的になることなど出来るわけもない。少々上手いとかで行けるものでもない。とにかく「これはなんだ!!」と誰もが驚くセンセーショナルなものでもなければ先はない。実のところ、みんな言われなくても分かっているのだ、そんなことは。それでも続ける気持ちに咎め立てをすることは誰にもできない。

 都営新宿線に乗るのも久し振りで、市ケ谷駅で急行を待つ。しかし、地下鉄の駅というのはどこも殺風景で寒々しい。駅というものはだいたい寒々しいものなのだが、地上を走る電車だと辺りの景色があって救われていることを知る。



 ホームのベンチに腰を下ろして寒々しい景色を見ているうちに、十年以上前の出来事を昨日のことのように思い出した。
 この路線には神谷町駅がある。東京タワーから近い駅だ。神谷町から歩いていける場所にサウンドシティスタジオがあった。ロシア大使館横の路地を入った先に、放送局と録音スタジオの入るビルがあった。このスタジオには頻繁に出入りした。ある日、朝10時からCMの仕事があって、その後同じスタジオで4時から別件の録音が入っていた。CMの録音は12時ごろには終わり、4時間も空く。帰宅するのは躊躇われた。帰ったらすぐ出てくる感じになるかもしれない。それで、神谷町から地下鉄に乗って銀座方面に遊びに行こうと決めた。4時間もあればのんびりできる。神谷町の駅もこんな感じで寒々しかった。改札を抜けて少し歩くと、椅子に腰掛けた男の姿が見えた。少し前のめりに座る彼の手にはワンカップの酒が握られていた。おっと、昼間っから酔っぱらいかってんでやり過ごそうとしたときに椅子の横に立て掛けられたギターケースが見えた。よく知っているギタリストだった。「何してんだ、こんなとこで」と訊くと「ああ、フッチー、おれさ田舎に帰んだよ」と泣きそうな顔で言う。明日帰ることになっているのだけど、色々と後始末することがあってある所に行く途中だが、気が重くなって降りてしまったのだという。気持の整理が付きかねていたらしい。銀座行きを止め、駅側の喫茶店に入って話を聞くことになった。酒のせいもあって生活が破綻し、女房に愛想を尽かされたなどという。それで、田舎に帰ることになったらしい。話し終えると少しは楽になったようだが、手助けできることはない。田舎で頭を冷してまた戻って来いと言って別れた。故郷へ戻り親の手配で堅気の仕事について頑張っていて、一度葉書をよこしたりしたが仕事は続かず、1年後には周囲の反対を押し切り舞い戻ってきて復帰した。彼も数年前に故人となった。
 何人かの天才はともかく、自分も含めて多くは見果てぬ夢に翻弄されつつ彷徨うということを改めて実感する。

拍手[0回]

カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
1
4 7 10
12 14 16
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

最新記事

拍手の設定は強要するものではありませんが、ヘーッと思ったら拍手、そんなアホなと思っても拍手ってな案配です。

アーカイブ

最新コメント