☆☆☆

「石の上にも3年」とは違うけど


 ガーデニングのおっちゃんの家の薔薇、例年通り見事に開花。今日、通り掛かりにおっちゃんの姿を見て「咲きましたねえ」と声をかけると、嬉しそうに「いやあ」と返ってきた。ここに10年近く住んでいて、顔を見て挨拶するのはこの方ともう一人だけ。



 さて、一昨日の同期の集まりに郷里から参加した木村がいた。はるばる飛行機でやって来たわけだ。3年前も来ていた。木村は2年生の時に同じクラスだった。当時、すでに音楽にのめり込んでいたから、そのような話が飛び出すのだけど、聞く度に恥ずかしいような気がしつつ、「そんなこともあったよなあ」ってな感慨を覚えたりする。彼によると、何日も学校に来ない時があって、どうしたんだろうと気になり家を訪ねたことがあるという。どうしたんだと訊くと、体育祭のストームとかは参加する気もないし、そんな折だからFMでカラヤンの何とかいう曲が聴きたくて休んだんだと答えたらしい。確かにそのような理由で休むというか、聴いてから昼過ぎに登校することは幾度かあった。当時、レコード盤はおいそれと買えるものでもなかったし、ベートーヴェンやモーツァルトはいざ知らず、ヒンデミットやベルクなど近代から現代のものはなかなか聴く機会がなかった。「大作曲家の時間」という番組は10時ごろからだったから、聞き終えるのは11時過ぎだった。その番組でヒンデミットの交響曲「画家マチス」を聴いたことは覚えている。なにしろ16や17の若造は吸収力がとてつもなく旺盛だから、古典を聞き漁ると少々飽きてきて現代物へと興味が移っていったのだ。分かっていたかどうかは大した問題ではなく、新しいサウンドに飢えていて、三善晃の「交響3章」や間宮芳生の「ヴァイオリン協奏曲」、武満徹の「弦楽のためのレクイエム」は胸に突き刺さるほど感じる音楽で憧憬の的だった。そんな時期に同じくラジオで聴いたミンガスの「直立猿人」はガラガラドッシャーン的に何かを打ち壊した。その表現はクラシック音楽のまどろっこしい部分を飛び越えて直に迫ってきた。現代物にジャズが加わった日だった。ブレイキーの「モーニン」「ブルースマーチ」、キャノンボール、マイルス、ショーター、そしてコルトレーン。彼らの妖しいサウンドに魅了されていったわけだ。木村は「大丈夫かな」と思いつつ傍観していたという。高校時代の終わりには、すでに地元のダンスホールなどで演奏していた僕に誘われてパブのような店に出入りするうちに、そこのマスターに気に入られて手伝いをするようにもなっていたらしい。それは初耳のような話だったが、ま、忘れていただけだろう。普通高校に行きながら、違うレールの上を走るための準備というか、独学ながら職業訓練学校に通っていたとも取れる無軌道な10代後半だったわけだ。高校時代は濃い3年間だった。その後の数十年を支えるほど多くのものを聴いた。音楽史に名を刻む作曲家のものはほとんど聴いたに違いない。プロとして駆け出しの頃、レコードを買えるようになるとジャズのレコードを買ったわけだが、それがオーネット・コールマン、スティーブ・レイシー、アルバート・アイラーだから、これに関しては先走り過ぎであって、若気の至り的なものだったような気もする。

拍手[2回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
3 8
10 11 14
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新記事

(06/16)
(06/15)
(06/13)
(06/12)
(06/09)
(06/07)
(06/06)
(06/05)

アーカイブ

最新コメント

[12/10 s・f]
[09/26 s・f]
[09/26 ぐれじゅー]