☆☆☆

その日のために



 昼のテレビ番組で、縁者のいなくなった古い戦没者慰霊碑などが多く、その処置に困っているという話を聞いた。小学生のころを思い出した。僕らの町にはやたらと寺があった。狭い町内に3つあったし、隣町にもあった。墓所は子供の絶好の遊び場だった。怒られたこともあったが、冬場にたまさか雪が降ったりすれば、早朝の内に雪合戦などもした。もちろん、夜の墓に行くものなどいなかった。夏休みには肝だめしの会場になることもあったあの恐ろしい墓場に好き好んで行くものはいなかった。昼間は怖いなどと思ったことはないのだから不思議なものだ。どの寺の墓場にも荒れた一角が必ずあった。墓参りする人を無くした墓は草が生い茂り、墓石も黒ずんで彫られている文字の読めないものもあった。それらは無縁墓というらしい。放置された無縁墓は解体撤去されるらしいが、それはかなりの年月の後だと思われる。将来的に墓を守る人がいなくなることが予想される場合は「墓じまい」というものが用意されている。寺の管理から抜けるときにお布施がいくらか発生し、墓を解体する費用、遺骨を改葬先に納骨する費用などなど、これが案外かかる。墓じまいすることもなく無縁墓となっているものは全体の4割ほどあるという。墓も慰霊碑も死者のことを知っている人たちのためのものだ。弔う人たちのよりどころのようなものだから、知っている人が誰もいなくなれば存在は宙に浮いて無意味なものに成り果てる。ギターの松木さんは葬儀など一切を拒否して亡くなった。それに倣おうと考える。死んだ自分には何も分からないからそれでいい。葬儀も身内だけで行なうのが望ましい。墓場の一画に収められるのも、自分には分からないとはいえ何だかありがたくない。骨は拾ってもらうにしても、そのうち土に還して頂くことが望ましい。何も今日明日にという話ではないが、歳を取るとそんなことを突然考えて狼狽えたり焦ったりするものなのだ。

拍手[0回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
2 3
5 6 7 9
11 12 13 15
18 19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新記事

アーカイブ

最新コメント

[09/26 s・f]
[09/26 ぐれじゅー]