☆☆☆

学徒出陣


 2009年版の映画「ゼロの焦点」では、冒頭に出陣学徒壮行会の模様が映し出される。  
 1943年(昭和18年)10月21日、明治神宮外苑競技場のものだと思われる。東條英機首相、岡部長景文相らも出席し、関東地方の入隊学生を中心に7万人が集まったとされる。理工系と教員養成系を除く文科系が徴集された。

 
 歴史上の写真で嫌いなものの一つだ。延べ七万人が動員され有能な若者たちが倒れたとされているが、動員数も不確かなら死者数などまったく掴めていないという。敗戦に向かって突き進んだ軍部の弱体振りが窺える。母はこの学徒出陣のことをよく覚えていて、この話をする度にひどく顔を曇らせた。まったくひどいことをする、というような言い方をした。  
 生き残った人たちと見送った女子学生たちの証言をここのページで読むことが出来る。  

 出陣して無事帰還した人達もいる。早稲田大学から陸軍に志願した竹下登、神戸商業大学在学中に学徒出陣となった宇野宗佑、慶應義塾大学経済学部の学生として明治神宮外苑の壮行会から出征した塩川正十郎、明治大学専門部政治経済学科から1944年(昭和19年)に徴集され、戦後復学して卒業した村山富市。三人は後に内閣総理大臣になった。  
 当時の文部省は、どんなつもりで作ったのか分からないが、「学徒出陣」という記録映画を2本残している。

拍手[0回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
2 3 4 5 6 8
9 11 12 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新記事

(12/13)
(12/10)
(12/07)
(12/01)
(11/30)
(11/29)
(11/28)
(11/24)

アーカイブ

最新コメント

[12/10 s・f]
[09/26 s・f]
[09/26 ぐれじゅー]