☆☆☆

幸せな時


 幼いころの記憶というものは断片的で要領を得ない。前後の経緯など消し飛び、一つの映像だけが残ったりする。大型トラックの助手席で見た山道の緑の木々、トラックの高い座席から手が届きそうな間近に葉が揺れるのが見えた。葉の間から木漏れ日が次々と現れては消えた。



 近所、と言っても家々は離れていて隣は50メートル先という案配だったが、何軒か集まった集落にかわいい柴犬の子犬がいた。その犬が好きで、わざわざ出かけては遊ぶのが楽しみだった。その集落には若いトラックの運転手がいた。大きなダンプカーだったような気がする。ある日、子犬に会いに出かけるとトラックの運転手が「乗るか?」と声をかけてきた。子犬がその人の飼い犬だったかどうかは覚えていないが、子犬と一緒だったら乗りたいと言ったのだと思う。「よっしゃ」というのでどんなに頑張っても乗れない高い助手席に押し上げてもらった。彼にしてみればいつも独りじゃつまらないし、子供とはいえ同乗者がいることが楽しかったに違いない。抱きかかえるといってもアップアップするようなものだったが、子犬は膝の上に乗っかっていた。車が走り出すとえも言われぬ充足感に包まれた。子犬を独占できることの喜びの方が強かったかも知れない。そこから長い時間を子犬と共に過ごすことになった。道中でどんなことがあったのか、お兄さんはどこに行って何をやって帰ってきたのか、その一部始終を覚えていないことはとても残念な気がする。記憶に残っているのは幸福感に浸りながら車のフロントウィンドウから見た木々の緑だ。いつの間にか子犬は座席の隣に寝そべっていて、僕らは並んで寝ていたかも知れない。帰途について集落の近くに辿り着いたのは薄暗くなり始めた夕刻だった。大変なことになっていた。到着する辺りに14、5人がいた。そこら中の人が集まっていたようだった。暗くなろうってのに子供が帰って来ないと母がみんなに言ったに違いない。この時間から捜索するのは大変だと色めき立っていたのだ。そこにのこのこ子供を乗せたトラックが帰ってきたのだから、騒ぎは若者に対する容赦ない叱責に変わったのだ。彼はみんなにこっぴどく叱られていた。携帯電話などない時代だから連絡のしようもないわけで、彼は蒼ざめてうな垂れるしかなかった。軽はずみなことをしてしまったわけだが、そのとき怒る大人たちに「この人は悪くない。なにしろ今日は初めて幸せな時間というものを感じることが出来たのだから。」と言いたくても言葉を知らず、ただ怒られている彼を気の毒に感じたことを覚えている。



 たぶんこの頃だと思う。一緒に写っているのは父ではなく、後に姫路で暮らしたときに来訪を心待ちにした父の弟の光敏叔父さん。

拍手[0回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
2 3
5 6 7 9
11 12 13 15
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

アーカイブ

最新コメント

[09/26 s・f]
[09/26 ぐれじゅー]