☆☆☆

鯖を買いに行って


 贔屓にしているというか、定期的に足を運ぶ食材店がある。酒類の販売などでも見かけるが、プロ御用達を謳っているチェーン店だ。飲食店舗経営者などが買い出しに来る店のようなイメージを持たされるが、決してそんなことはなく、そのような人を見かけたことは1年に一度あっただろうかってなものだ。



 ここに来るのは「ノルウェー産冷凍鯖」が主な目的で、安い割には美味いコーヒー豆なども買ったりする。なにせ、病院で「魚主体のお食事にしましょう。それも青魚がお勧めです。」とくどいほど言われ続けたので、すっかり洗脳され、一時は毎日のように魚を食べていた。まあ当然のように飽きる。そこで冷凍のハンバーグなんてものもたまに買ったりするわけだ。

 その店が数カ月前に閉店になった。これは一大事なのだ。チェーン店とは言うけど、そこら中に散らばっているわけではない。最も近いところで車で30分の所だ。閉店じゃ仕方ないので、月に一度ぐらいだからまあいっかと、はるばる買い出しに行くことになった。別店舗に行ったことはあるが、そこは初めての店だった。自動ドアがスーッと開いて、店舗内に入った瞬間「あれ、ここはなんか違うぞ」と感じた。店内が明るく思え、働いている人たちが普通の主婦然としたおばさんに溌剌とした若者、それまでに行っていた店とは明らかに違うのだ。趣がやけに上品で柔らかい。会計の際にそれが確信的になった。応対が丁寧に思えた。それまで通っていた店が下品だったというものでもなく、従業員はそれなりに仕事をしていたはずだが、どことなくやさぐれて見えていたのが何の違いかは判然としない。どこか投げやりにも見えるざっくばらんな人たちが集まっていたのかも知れない。行く度に感じていたことだったが、それがこのチェーン店の形なんだろうと理解していたわけだ。しかし、まったく違う雰囲気の別店舗で、それがあの支店の特徴だったのだと気付かされた。店長がそのような人で、なんとなく同じような人たちが集まってきた可能性もある。そう言えば、閉店するころは客も少なかったし、あのどんよりした店の雰囲気が客を遠ざけていったのかと納得する。同じ品揃えでも店というものは同じにはならず、店内の空気というものがすべてを決定するのかと感心した次第。

拍手[0回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 3
5 7 10 11
13 14 16 17
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

アーカイブ

最新コメント