☆☆☆

健康


 食用の菜花を買ってきた。特別美味いものでもないが、この苦味を味わうと春が近い。まとめるのが大変だが天麩羅にしたり、お浸しにしたり、卵と炒めてみたりする。



 期日が今月中だと知り、あわてて市が行なっている健康診断、成人病検査に行ってきた。僅か500円で血液検査から何からやってもらえるから、逃す手はない。しかし、病院はいつも待たされる。今日も診断まで一時間も待った。
 テレビで健康に関する番組を見かける。「放っておくととんでもないことになる」などと脅す手合だ。以前かかりつけだった町医者はこの手の番組が嫌いだった。「あれは迷惑な話でね、冗談じゃないんだ。無責任に脅すもんだから、あの手の番組見て心配しちゃうお年寄りが多くてね。次から次から押しかけちゃうんだな。」ということだった。当時、薬局で出会うお年寄りは薬の山をもらって帰る人が多かった。薬の袋はパンパンに脹れ上がり、ほとんど四角い形になって立ってしまうほどだった。何の薬が入って入るのかは分からなかったが、彼らは安心を頂いて帰っているようにも見えた。
 水泳選手が白血病を患って最前線から退き、往年のアイドルが舌ガンで闘病生活に入ったと報道される。注目される立場にある人たちは、仕事や競技から退くことになるから公表せざるを得ないのだろうけど、だれも闘病に力添えなどできるわけもなく、知らせることが気の毒にも思える。年老いてヒトは体のあちこちに変調を来すようになっていくわけだが、病と闘うときは一人であって、そこが哀しい。

拍手[1回]

春先


 身を切るような寒さは遠ざかり、春めいた日が多くなって、ねこ共々ありがたい。ブログタイトルも菜の花に替えた。さてその菜の花だ。高校の校舎から北は田園地帯で遠くには山が見えた。はっきり時期が思い出せないのだが、春先に北側が黄色く染まった。佐賀という町に住んで最初に驚いたのは蓮華だった。田んぼ全体が赤く染まった。正確には赤紫だけど、そこら中が赤く染まった景色は壮観だった。蓮華の根が土を肥やす効果があり、農家の方が種を蒔かれていたことはずいぶん後になって知った。その赤と菜の花の黄色、どっちが先だったかが思い出せないというか分からない。田が赤紫に覆われ、それから畑が黄色に染まったような順序だったような気もするが、今となっては謎になってしまった。しかしながらはっきりしているのは、桜が今思うほど偉くなかったことだ。たしかに桜の樹もそこら中にあって咲き誇ってはいたが、其処彼処に咲くものの田んぼ全体の赤とか畑全体の黄色には敵わないように見えていたから印象は薄かった。ようするに多勢に無勢だった。

拍手[1回]

若いこと


 立松和平原作の「光の雨」の映画DVDはずいぶん前に買って捨てることなく持ち続けている。それは時代背景が自分の青春時代と重なり、直接の関わりなどある筈なくとも、そこからフラッシュバックする多くの事柄がその時代へ誘ってくれるような気もするわけだ。連合赤軍の浅間山荘に至るまでのことが描かれているが、ここでは映画を撮る過程という劇中劇のような形で実際の事件をいくらか緩和するように進行する。これがもどかしくもあるが、そのような形を取ることで事件の生々しさは却って際立っているようにも思える。実際この事件の報道がテレビで流されているころ、まったく関心などなく遠い出来事であり他人事以外の何ものでもなかった。山荘の立てこもりはテレビで一日中生中継されて関心がなくても見ることになったが、そこに至るまでの山岳アジトでの事件はずいぶん後になって知った。数十年経ち、このDVDでやっと全貌を知ったわけだ。



 彼らの迷走は銃砲店から銃を盗んだことから始まっている。銃など100丁あっても国家権力と争うことなど無理なはずだが、彼らは武器を手に入れたことでいやが上にも高揚し、これで殲滅戦を闘い抜くのだと思い込んでしまった。幼いといえば幼いし、無知だったともいえる。銃を守る為に山にこもる決断から悲劇はゆるやかに進んでいく。最初に殺されたのは山から脱走した男女の2人だった。この殺人が彼らの意識を変えたのか、死というものが隣り合わせの逃避行から緊迫した狂気へと導かれていく。首謀は森と永田だが、森恒夫は早い時期に逮捕後の獄中で自殺した。それぞれの被害者の死の日が特定されているのは原作者がリサーチしたものと考えられるが、それぞれの死に至る原因については言いがかりに近く、自己批判から総括という名目で僅か2ヶ月ほどの間に12人が犠牲になっている。森と永田の狂気に全員が絡め取られていったのだ。これに意味付けなどなく、ただ陰惨な殺人行為だけが残ったわけで、彼らが当初目指した革命などとはまったく関係がない。ゴールディングの「蝿の王」は飛行機が墜落して無人島に漂着した少年たちの物語だが、ここでの少年たちも率いるリーダーの狂気に巻き込まれていく。根は同じようにも思えるし、極限の場所に立たされると人は壊れていくものらしく、誰にでもそこに至る可能性はあるというところが怖い。70年代初め、世はシリアスが美徳とされるような風潮があった。文化全体も硬派だったし、ジャズもエンターテインメントというよりは宗教に近いものがもてはやされた。時代が若者を導いていたわけだ。そして今、テレビはバラエティ番組全盛というかそれしかない的にふざけたものを取上げる。そして若者の中には受け狙いが優先される向きが出てきてバイトテロなどということが起こる。人を殺すようなことは起きないが、幼さは同一かも知れない。

拍手[0回]

無理



 10日ほど前の朝9時から3時間トレーニングが終わった後、いつもより疲れが重く沈み込むような感覚になった。おかしいなとは思ったが、少し集中して入れ込み過ぎたかと気を取り直した。しかし、その後悪寒が襲うような事態に変わっていった。さては風邪かと薬を飲んだりしたが、熱が出るわけでもなく悪寒だけが酷くなっていった。ずいぶん昔に腎盂炎をやったことがあって、その時の状態に似ていることに気付き3日ほど経って病院に駆け込んだ。腎臓関係にトラブルかと考えたわけだ。検査の後、処方された抗生物質を飲むことになった。直接の原因も分からなければ、具体的な病名があるわけだでもない。ただ、無理をするとヒトの体の弱点のようなものにダメージが出るらしい。歳を取った自覚などあるわけもなく、体力の衰えは感じるものの、ただ若いころのままに集中したりするわけだけど、それが利かないことになってきたらしい。それで、PCの電源を入れることもなく日が過ぎた。ま、冷静に考えれば無理が祟って当たり前のようなことをやっていた。ある日は寝そびれて朝を迎えてしまい、9時からスタジオの予約があったことを思い出して、しかたなく徹夜のままスタジオに3時間入った。体にいいわけがない。そのような無理も20代であれば笑えただろうが、この歳になるとそのようなことは危険だということがよく分かったってわけだ。

拍手[1回]


 むかし住んでいた家の庭先には椿が植えられていて、ちょうど今の時期に咲き誇った。しかし、ある年に茶毒蛾が寄生して大変なことになった。茶毒蛾は毒を発する微細な毛を持っていて、これに触れるだけでも肌が腫れる。大家さんは何とかしようと頑張ったらしいが、ついに諦めて撤去することにした。頑張った大家さんの腕はあちこちが腫れ上がっていた。樹に触れたわけでもないのに、空気中に漂う毛に刺されたらしく腕が腫れた。医者に駆け込むと「ああ、茶毒ねえ・・」と気の毒そうな顔をされ、「そりゃあもう切り倒すしかないんでね、一回あいつらが湧くともう止められないんだな」と仰った。それを大家さんに告げて、大家さんが奮闘する事態になったのだ。



 腹の立つ話だ。10才の娘を殺した父親は鬼畜で間違いないのだが、SOSを発していた子供をどうして助けられなかったのかが分からない。母親は気付かなかったのか、母親に訴えることは出来なかったのかとか疑問に思うことは多い。学校側は苛めのアンケートに「父親から暴力を受けている」と書かれているのを知って一度は保護したらしいが、そのアンケート用紙を父親に渡すというとんでもないことをしている。威嚇され「怖くなって渡した」と言っているから、報道で見る父親の顔は普通の男に見えるが、かなり凶暴な一面を持っていたらしい。まあ、あり得ない展開だ。だいたい10才の子供を虐待する時点で狂ったヤツだが、学校とか児童相談所というものは、いつも及び腰で狂ったヤツ等に対処できるほどの強さを持たない。判例では子殺しの罰は軽い。懲役8年未満が最も多く、2005年から2010年の間の56の判例の内、23の判例がそれに該当する。無期懲役は4で無罪も3ある。そこに至る事情は家庭によって様々だから一概には言えないが、今回のように何の落ち度もない子供を虐待して死に至らしめるというのはかなり酷い。その人の持ち物をどうしようと、壊そうと燃やそうと自由だ、というような論理で我が子を亡きものにした親を裁くのなら、ニュースなどで取上げることなく、人が知らないところで勝手にやって欲しいと思う。

拍手[0回]

カレンダー

03 2019/04 05
S M T W T F S
2 4 6
7 9 11 13
14 16 17 18
23 24 25 26 27
28 29 30

アーカイブ

最新コメント

[12/10 s・f]
[09/26 s・f]
[09/26 ぐれじゅー]