☆☆☆

失恋の歌


 何十年も前に住んだアパート再登場。右手は裁判所官舎の敷地で、建物までが大きく空いていて、狭い部屋だったにも関わらず閉塞感はなかった。そんなことが居心地のよさにも繋がり、駅前の広い部屋に越すまで何年も住むことになったのだと思われる。



 ここには様々な想い出があるが、今日たまたま中島みゆきのまとわりつくような歌を聴いて、あの夜のことを思い出した。帰宅は夜遅くなった。アパートは大久保通りから10メートルほど入ったところにあり、街灯はあったが、夜は幾分寂しげな通りになった。部屋は3階だった。階段に差し掛かった時、先客の女性がいてすぐ後を上がるようになった。突然、その女性が振り向いて騒ぎ始めた。何事かとまごついたのだが、どうやら痴漢と間違われたらしきことが分かった。冗談じゃねえ、ってなところだ。女性はかなり酔っていた。3階に上がってドアを開けるまでヒステリックに叫んだりしていたが、住人だと知ると治まった。しばらくして、ドアのチャイムが鳴った。先ほどは申しわけなかった、お詫びといってはなんだが、少し酒に付き合ってくれないかという。懇願するような様子が気の毒にも見えて、たいして飲めもしないのだが少しだけだったらと付き合うことにした。名前をよく聞くレミーマルタンのおどろおどろしい瓶が出てきた。いい酒は酔い心地もいいものだということをその時知った。取り留めのない話をして小一時間もいただろうか。「いやいや、勘違いは誰にでもありますから」などと分かった風な口をきいてお暇することにした。今でも銀座のホステスなどを見ると、だれでも年上に見えてしまうほどで、女性の年齢というものは分からないのだが、歳はともかくすらりとした美人だった。そんな人が階下に住んでいることも知らなかった。部屋に戻った後、彼女の部屋の開け放った窓から繰り返し繰り返し同じレコードが聞こえてきた。聞いているうちに、それが失恋の歌だと分った。どうやら男に振られたか別れ話をしたかで、情緒不安定になっていたらしきことを知った。一緒に飲むことで少しは気持ちが紛れたかもしれなかった。それまでにも一度も会っていなかったわけで、そこから先も会うことはなく、いつの間にか越して行ったことを新しい住人が挨拶に見えて知ることになった。

拍手[0回]



 テレビのレポーターとか、場合によってはアナウンサーまでが事も無げに「・・が売っている」などと言うものだから、その都度「えーっ」と驚く。そりゃ、ま、こちらは言語の専門家でもなく、正しいか間違っているかとの判断は直感的なものだけど、身に付いた感覚でいえば、この場合は「・・が売られている」であって欲しいわけだ。例えば「魚が売っている」と聞けば、まるで魚が何かを売っているみたいではないか。ネット検索すると、そういった疑問を持つ人はいるらしく、いくつかの意見を読むことができる。「その魚、どこに売ってたの?」という言い方にはさして疑問を感じないだろうが、同じことだという。「どこに」ではなく「どこで」がより正しいってわけだ。「・・が売っている」は「~が~を売っている」の省略形で、口語ではそのような使い方になってしまっている言葉は多いという。しかしだな、話すのが仕事の方たちが誤った使い方をしているというのは、なんだかなあ・・・・。

拍手[0回]

委員会


 3月は春本番の陽気と強風で始まった。「えっ、咲くのかい」などと駐車場の桜の樹が焦っているのが分かる。ま、そんな気がしただけだけど・・・。



 レスリングの伊調さんが協会の強化本部長の栄氏からパワハラを受けたとかで騒ぎになっている。告発状というものが存在するらしいが、伊調さん御本人は一切関わってないという。告発者は内閣府の公益認定等委員会に告発状を送っていた。しかし、梨のつぶてなので業を煮やして天下の文春を巻き込んだらしい。揉め事大好きな文春が飛びついて騒ぎになった。
 栄氏も伊調さんも関係ないとすれば、いったい誰が?ってな話だ。栄氏に恨みを持つもの、というか権力を失墜させて後釜を狙っている勢力?などと憶測は広がる。伊調さんは国民栄誉賞の受賞者、栄氏は何人ものメダリストを育てた功労者。騒ぎ立てるには面白かろうが、パワハラの内容が愚鈍過ぎてアホらしい。どちらも権威のある方だから少々の軋轢はあるかもしれないが・・・・。
 しかし、お上の組織の名前はどうしてこんなに分かりにくいんだろう。強化本部長ってなんだろう。本部長の上には何がいて、下には何がいる組織なんだろ、どういう構造なんだろうと?マークが飛び交うし、公益認定等委員会ってのも分かったようでよく分からない。会社組織で社長といえば「あっ、トップの人ね」ってな感じで分かるけど、公益認定等委員会の委員長などといわれても「そ、それは何」ってな反応しか出来ないではないか。差し詰めあたしなどは猫益認定等委員会の責任者とかいうことになるんだろうか。

拍手[0回]

過ぎゆく時


 2月が終わる。思っているよりずっと速く時間が過ぎる。たいしたことはやってもいないのに、時が勝手にサッサと経過するような感覚。年寄は暇などと言ったりするが、決してそんなことはない。暇も何も、時間がないというのが正しい。どうして時間が無くなるのかを考えてみる。もしかすると生きる速度そのものが衰えて、動きにしても思考にしても全てがスローになっているのではないかと思い当たる。もちろん本人は動きがのろくなっている自覚などないから厄介なのだ。疑いもなく昔と変わらずテキパキとシャープに動いていると思っている。しかし、こないだ偶々青年と並んで歩く瞬間があって「あっ」と気付いてしまったのだ。同じ速度で歩くには少々無理をしなければならなかったし、歩幅の差もあるけど、そのテキパキ度がこちらにすれば尋常ではなかったのだ。向きになるようなことでもないし、「へー」などと他人事だったのだが、時の経過が速く感じられる感覚を少しでも是正したいと願うようになった。
 小学生のころの1年はどうしてあんなに長かったのだろう。1年が今の10年分ほどあったのではないか。もちろん小学生のころのようなものは望んじゃいない。せめて今の感覚の2分の1ぐらいに脳と運動神経の改革ができれば、2倍の人生が楽しめるのになどとアホなことを考えたりする次第。

拍手[0回]

開会の儀


 猫のトイレの砂がなくなったってんで、いつものホームセンターへ向かった。2通りの道筋があるが、一方が渋滞している。日曜日というのもあるが、これは事故かなというような渋滞に思え、迂回路に廻るとここも更なる渋滞。ノロノロ運転が続く。人は虫と同じなのか、気温が和らぐとゾロゾロと這い出してくるらしい。あきらめて近くのスーパーで購入することにした。

 さて冬季五輪。開会式の模様を見た。やはりプロジェクションマッピングを使ったりしていて、リオと同じような感触がある。開会式の費用は北京が日本円で100億、ロンドンが33億、リオが3億というデータが残っている。金を多くかけたからといって圧倒的に記憶に残るというものでもないらしい。東京では開会式の入場料が25000円から15万円と言われている。10万人の客を入れて10万円ぐらいぼったくれば100億かけても大損することはないかもしれないが、開会式っていったい何?というような疑問も湧こうというもの。国の威信を懸けたマスゲームというか、国威発揚の儀式というか、そんなことを説明されても分からないし的な当該国の事情も折り込まれる。そのような傾向がルーティン化されているらしい。



 さて東京でも同じようなことをするのだろうか。私たちはアジア諸国を侵略した苦い経験があります、などとは決して言わないだろう。慰安婦問題?とんでもない、知りませんよそんなことってなものだろうし、核の被害国ですよなどとも言えない。そのようことには一切触れずに、世界平和などと発信することになるに違いない。それは政治的な問題であり、スポーツの祭典に相応しくないという理由で、拉致被害者を返せなどとも言えない。ま、早い話が建前で取り繕う儀式だともいえる。祭だから派手にするのはいいのだが、どこかにナショナリズムの匂いを感じると多少ゲンナリするのも確かなのだ。



 北と南の選手が肩を組んで聖火台へ上る瞬間など、これは政治的なパフォーマンスで、見ていてこちらとしてはどのように反応していいものか困ったりするわけだ。


 個人的な意見だが、開会式などというものは、選手入場の後見たこともないような大きなくす玉が出て来て、ファンファーレと共にパッカーンと開くぐらいがちょうどいいのではないかと考える。

拍手[0回]

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
4 5
10
13 15 17 18
21 25 26
27 28 29 30 31

アーカイブ

最新コメント