☆☆☆

Bad News



 煽り運転のバカの裁判が始まった。高速道で追っかけて停車させ口論に及んだあの事件だ。普段から相当マナーの悪いヤツだったことも明らかになるにつれ、その男に喧嘩を吹っかけてしまった被害者も不運だったといえる。それも通り抜けるときに言わずもがなの「邪魔だボケ」と叫んだらしい。結果論だけど変なところに停めているヤツはそもそもおかしいヤツであって、余計なことは言わずにとっとと走り去るべきだった。およそ車の運転をしている人というのは多かれ少なかれ妙な闘争心を併せ持つ。イラッとさせられて煽りたい瞬間ってものがあったりするが、その一線を誰もが超えるわけではない。むかし、ギターの先輩の車に同乗して公演会場に赴いたとき、先輩は人が変わったようになった。車相手は言うに及ばず、歩行者にまで悪態のつきっぱなし。「ほらー、ほらー、何やってんだよ、バーカがー、おっと爺さん轢くぞ、こら」ってな具合で、同乗した一時間あまりずっとその状態だったから会場に着いた時には、聞いていたこちらとしてはすっかりヘトヘトになってしまっていた。普段は紳士で穏やかな人だったが、ハンドルを握ると人格が変わってしまうらしいことを知った。それで先輩の車への同乗は何かと口実を見つけて控えることになった。
 ここのところ暗い話ばかり聞く。6日未明、大阪の住宅の火事で80才と74才の夫婦が亡くなった。煙を大量に吸って意識不明の状態で搬送されたが2人とも助からなかった。男性は体が不自由で奥さんは介護をしていたという。80年生きてきて最後が火事ではあまりにも悲しいと心が痛んだ。もちろん交通事故や災害でこの世を去るのがいいというわけではないが、燃える家の中で最期を迎えてしまう無念さが痛ましく同情した。知らぬ人たちだが心から冥福を祈りたい。今はあまり耳にしないが「畳の上で死にたい」という言葉をよく聞いた。最後の望みとしてよく分かるような気がする。

拍手[1回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

366日

この記事そのものとは関係なくコメントがありましたが、塩田さんに返答申し上げます。HYの「366日」のサックスは私ではありません。というかここで使われているサックスはサンプリングのサックスの音で生の演奏ではありません。

カレンダー

04 2019/05 06
S M T W T F S
2 4
6 7 9
13 16 18
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

アーカイブ

最新コメント

[12/10 s・f]
[09/26 s・f]
[09/26 ぐれじゅー]