☆☆☆

枕を高くして(低いけど)



 猫との生活も長きに渡り、こいつ等の日々の表情に和むことも多い。特に無防備で安心しきったような寝顔にはいつもほっこりとさせられる。うちの2名にはそれぞれにホットマットを与えていて、冬の間は食事と御不浄以外そこから離れることはない。それでグーグーとお眠りになるのだ。しかし、油断して眠りこける表情を撮ろうとカメラを向けた瞬間薄目でこちらを見ているのが分かる。きっとカメラの電源を入れる音で気付くに違いないと、遠く離れたところで電源を入れても、レンズを向けた瞬間に気付かれてしまう。どうやら「いいぞいいぞ」とカメラを向けるこちらの気配を感じるらしい。例えば深い眠りについている猫の顔の前に手のひらをかざすだけでも、必ずキッと目を開ける。そこらの感覚は非常に鋭敏にできていて、猫を騙すことはむつかしいのだ。
 それで、今日のヒットは大きなクッションの使い方で、見事に枕として活用なさっていることに思わず笑ってしまったのだ。

拍手[0回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
4 5
10
13 15 17 18
21 25 26
27 28 29 30 31

アーカイブ

最新コメント