☆☆☆

トランス


 それを調子がいいと言うのかどうかは分からないが、ライブなどでの演奏の際にスルスルと湧き出るように吹けることがある。それは突然やって来る。達郎氏のツアーでも一度、美奈子さんのステージでも一度あった。自分のバンドでも一度あった。その時何を考えていたかなど、大した意味は持たない。考えてはいなかったような気がする。トランス状態に近い。美奈子さんのステージではそれが際立っていて、自分の吹いている姿を俯瞰している、上からの目線で自分の姿が見えた。そんなバカなと思われるかも知れないが、幽体離脱だと思えた。その時に周りの音がどうだったのかというのも大きな意味は成さない。そりゃ、もちろんガタガタのサウンドであれば別だが、割合どうでもいいと思える。道が砂利だらけだろうと、ぬかるみだろうと関係はない。体が地上から何センチか離れているようなものだから、歩くのに全く問題は無いってなものだ。そういったことを一度でも経験すると、当然のようにもう一度と考える。しかし、そう考えた時点で次は来ない。何も考えず無の状態とでもいうような無意識が呼び込んでくれるらしい。説明は難しいのだが、自分が音そのものになったような感覚とでも言えばいいだろうか。それは本番にだけに来るのではなく、時おり練習中に訪れたりする。練習中は集中の度合いが違うから、ほんの数小節だったりするが、それでも夢中になって吹いているときに来る。それで、あれっ、今何吹いたんだっけ、と思い出そうとするが、その通りには反復できずガッカリすることが多い。一緒に演奏するメンバーの力量を重要視する向きもあるけど、あまり関係がないような気がする。つんざくような爆音でない限り問題はない。いわゆる歴史上の達人たちというのは、そこに到達するコツを知っていたに違いない。むかし、ブルース歌手のシル・ジョンソンのツアーに参加した。彼の歌はバンドを引き込む力があった。歌を聴いていると自然にリズムが見えるような気がした。日に日にバンドのサウンドは良くなり、いつの間にかシル・ジョンソンのサウンドになった。そうなんだ。いいソリストは周りを巻き込んで行くのだ。トランス状態がいつでも来るわけではないにしても、前に立ってソロを吹くと周りが巻き込まれて行く。「こっち行くぞ」「おおーっ」てな具合に。そうなればこんな楽しいことはないし、そういうプレイヤーになりたいと思う。

拍手[1回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

04 2019/05 06
S M T W T F S
2 4
6 7 9
13 16 18
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

アーカイブ

最新コメント

[12/10 s・f]
[09/26 s・f]
[09/26 ぐれじゅー]