☆☆☆

去った友へ


 14日にピアニストの佐山が逝き、前日にはテナーの片山広明氏も身罷っていたことを知った。続けて2人が消えたことに愕然とする。佐山氏が僕らのバンドにいたことがあることは先日書いた。彼は有望な新人として知られていて、すでに巷では大阪ピーターソンとも呼ばれるほど達者だった。クラシックのスコアを見てすぐピアノにトランスして弾くことも出来たし、とにかく多才だった。一緒に活動した時期、バンドはオリジナリティを求めるために割合過激な展開を取ることが多かった。それが辛かったようで、あるライブの日に彼はスケジュールをすっぽかしてしまった。ベースの早川と2人でこっぴどくとっちめることになった。それがトラウマになったのか、その後仕事などで会う事があっても、目が泳ぐようになってしまった。ずいぶん後に、どこかのホールで彼のアレンジによるコンサートに参加した折、やっと昔の話をすることが出来た。「才気走ったナイフのような人で苦手だった」と言われて驚いた。決してそんなものではなかったと思うが、彼にして見ればそんな存在としてインプットされていたらしかった。一生食いっぱぐれることのない才能豊かなピアニストとして認識していたし、その通りに彼は多方面で活躍した。たまに仕事などで会う事があっても、苦手意識は消えなかったようだった。一緒にライブで演奏したのはずいぶん前のブルースセッションが最後になった。彼は周りへの気遣いが際立っていて、誰に対しても毒を吐くということがなかった。笑いを取ろうとするユーモラスな部分も彼の気遣いの一部だったと思う。その周りへの優しい気遣いがストレスになって病を呼び込んでいたのではないかと考えたりもする。一緒にやっている頃、蓄膿症で悩まされていて、今は水洗だから見かけることはないが、糞尿くみ取りのバキュームカーのそばで深呼吸しても何も感じないと、自虐ネタを楽屋で言っていたことがあった。意を決して手術を行なった後、食い物の味が激変したと嬉しそうに言った。70年代のキャバレーには、ビルの一階部分が店で、バンドの控室などはビル上階のマンションの一室になっていることがあった。彼はそのような店にトラで行った。店の人に言われて上階の一室で休憩することになった。いやに生活感の漂う部屋のキッチンの椅子に座って休んでいると、戸がガラガラと開いた。血相を変えた人が立っていて「おまえ、なんだ、お前は」と叫んだ。何事か分からずに「あ、あっ、あおの今日のピアノのトラで・・」を抗弁した。「トラアー!!、な、なんだ、てめえは」と要領を得ない。一般の方の違う部屋に入ってしまったのに気付くのには間があったらしい。謝罪して這う這うの体で逃げてきたらしいけど、ほんとに怖かったと言う。僕らはその話を聞いて、ピットインの楽屋で笑い転げた。

 テナーの片山さんと一緒にステージに上がったことは数えるほどしかないが、会う事があれば嬉しい人だった。羽田空港でばったり出くわしたこともあった。無類の酒好きで死因はやはり肝臓ガンだったという。板谷が亡くなったときの通夜で、振る舞い酒ですっかり酔っぱらった彼が、「今日は酒代浮いちゃったな」などと言っていたらしい。もちろん嫌なヤツなどではなく憎めない人柄で誰にも愛された。彼と梅津さんがRCサクセションのホーンを担当していたのだが、彼らが出来ないときには一人でトラをやった。あるライブでは佐山氏もいたし、梅津、片山と割合フリー系統の人たちの中に入って演奏することになった。どう対処していいか分からずに困っていると、片山氏が言った。「なあ、渕野、お前みたいな真面目系統のヤツがいないと困るんだよ。ここはさ、ま、笑ってさ・・・」などとフォローしてくれたのだ。
 最後に会ったのは荻窪のライブハウスで、トランペット奏者に資料を渡すために行ったのだけど、ここでは2部の演奏に参加して2人で並んで吹いた。



 「おまえ、元気だなあ、元気だよ。みんなも言っておこう」などと嬉しそうにはしゃいだ。新しいアルバムを作ったばかりで、気前良くくれたのだけど、帰り際に「なあ、一回ぐらいはちゃんと聞けよ」と言うのも忘れなかった。こちらがフリー系にあまり興味がないことを知っていたのだ。その日のツーショット写真が残っている。



 1人2人と仲間が消えていくのだけど、こちらにしても5年前に死んでいたかも知れないわけで、その時の看護婦がいみじくも仰った「命を拾ったのよ、大切になさい」という言葉が前にも増して身にしみる。

拍手[1回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
2 3 4 5 6 8
9 11 12 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新記事

(12/13)
(12/10)
(12/07)
(12/01)
(11/30)
(11/29)
(11/28)
(11/24)

アーカイブ

最新コメント

[12/10 s・f]
[09/26 s・f]
[09/26 ぐれじゅー]