☆☆☆

残像



 色見本ではなく今日の空。久々に晴れ渡り、気温も上がり日中は半袖で過ごせた。台風が接近していて、残念なことに束の間の好天だった。
 近ごろ昔のこと、携わった仕事のことなどを盛んに思い出すようになった。と言ってもステージの様子とかを思い出すわけではない。僕らは基本的にステージ上では譜面とにらめっこをしているわけだから細かなことは見えていない。だいたいはステージ袖だとか楽屋だとかの記憶が多い。もっともスタイリスティックスやスティービー・ワンダーのステージのように、演奏しているにも関わらず聴衆の一人のような気分で眺めていたステージもあるにはある。しかしながら思い出すのは、どうしてか分からないが本の一瞬の些細な場面だったりする。百恵さんが引退する一年ほど前、中野サンプラザで歌謡賞か何かのテレビ収録があった。リハーサル時、百恵さんが一階の客席の中央に独りポツンと座っていた場面だけがフラッシュバックするような案配だ。深夜、神宮外苑の小さな店で遭遇したのは研ナオコさんだった。何の店だったかはっきり覚えていないが、窓口から直接ホットドッグだとかを買う店だった。彼女は男性の陰に隠れるようにしていた。まだそれほど有名ではなかったように覚えているが、三枚目的に扱われることの多かった彼女が目を見張るような美人だったことだけが残像のように残った。フジテレビの通路で会った十朱幸代さんの妖艶さに思わず振り返ったことも一瞬の映像として残っている。そのようなことは芸能界の隅に生息していれば特段珍しいことでもない。
 二十歳の頃、初めて入ったK・名和野とニュー・スターズというビッグバンドで地方のステージを何度も経験した。熊本でのステージは歌謡ショーで、当時のスター達が多く参加していた。舟木一夫さんや小川知子、千賀かおるといった面々に加えてヒデとロザンナもいた。その他にもいたはずだが覚えていない。ステージ袖で待っているとき、まだまだ子供のように見えたロザンナがしきりにヒデに話しかけていたのが見えた。衣装のこと、例えば髪飾りのようなものがどうかと訊いているようだった。ヒデは生返事で、彼女はガッカリしたような顔をした。それを見ていた小川知子らが幾分眉をひそめたようにしつつ「あの子ったら」というように囁き合っているのが見えた。当時のロザンナは19才。ヒデの気を引こうとしているのが傍目にも分かり過ぎるほど分かった。その僅かな時間のやり取りが鮮明な映像で記憶に残った。やがて2人は結婚し、10年ほど経って、生バンドを抱える日本テレビの昼のワイドショー番組にゲストとして出演した。それも本番ギリギリにスタジオ入りするという事態でスタジオはパニック寸前になった。生番組中に何曲も歌う予定だったから大変だった。それ以後会うことはなく、ヒデさんは47才で亡くなった。ロザンナさんがヒデの思い出を語るような映像を幾度となく見ることがあった。その都度、あの日の彼女の様子を思い出した。悲しみが伝わるような気がしたのだ。記憶に残っているのは女性のことばかりだが、男性歌手などのことは端っから覚える気はなくて当たり前なのだ。

拍手[0回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
2 3
5 6 7 9
11 12 13 15
18 19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新記事

アーカイブ

最新コメント

[09/26 s・f]
[09/26 ぐれじゅー]