☆☆☆

失われる音


 台風一過、息を吹き返したように夏が躍り出る。これでもかと言うように夏の雲が空を席巻する。



 2007年4月30日、NHKのスタジオにいた。どんな音楽を演奏したのかは覚えていないが、大きな編成での録画だった。



 2009年1月6日は確かキングレコードのスタジオだったと思う。ひげ面の好漢はメインをバリトンサックス奏者として活躍した宮本大路氏。見た目は無理を承知で言えば同世代とも思えるが、8才ほど年下で、目上に向かっては敬語で話すきっちりした人だった。



 過去形になっているのには訳がある。一昨日あるライブハウスのスケジュールに宮本大路トリビュートバンドとの表記があった。トリビュートって何?と気付き調べると、彼は2年前の10月に亡くなっていたのだ。ショックだった。スタジオでの仕事が多いころには、サックスセクションのオーダーがあれば必ず電話をする一人だったし、数多くのCMなどの仕事をした。結局は録音スタジオでの付き合いがすべてで、例えばライブ活動などでの接点はなかった。
 個人的にはビッグバンドというものが嫌いで、その界隈に足を踏み入れることはない。コンボ屋だと謂うものでもないが、若いころの数少ないビッグバンドでの経験からそうなっていった。編成の多いバンドには派閥というか、ヒエラルキーが必ず形を成す。それは演奏の優劣などで決まってしまうから仕方ないことなのだが、その空気が鬱陶しくて遠ざかるようになった。
 第一、ソロの出番は限られ、他人のソロの間はなんとなく時間をやり過ごす体になる。ま、ビッグバンドのサウンドが嫌いなわけではない。それはそれで自分で編成して出来るものならやってみたい気はある。
 大路くんは自分のグループも率いていたが、多くのビッグバンドで活動していた。そこらで会う機会は減っていった。気付けば、自分はみんなと歩調の合わない場所で生きていたわけだ。上の写真を撮った後に会ったかどうかも定かではない。しかし、5年ほど前に突然電話が入ったことがあった。何かの仕事の控室からの電話だった。特に用事はないのだけど、どうしていらっしゃるかと思って、声が聞きたかったんですよなどという。あれが最後の会話になってしまった。
 過酷な闘病生活だったと聞いた。還暦前に逝ってしまうのは悔しかったに違いない。また切磋琢磨の末に磨かれた一つの音が失われた。

拍手[0回]

新たな挑戦


 ライブの翌日、ピアノの大石氏からほとんど緊急の連絡。彼はここ数年レコードレーベルからではなく、自宅で制作した音源をCD化して20枚近く発表しているのだが、その制作に関わるスタジオが生楽器の録音も可能になったという。それで、今までライブで頻繁にやっていたが録音に至らなかった曲などを発表するべきだという。録音スタジオを借りるととんでもない金がかかるし。ましてやプレイヤーを呼べば製作費がかさむばかり。
 曲作りはイメージがまとまったらコンピューターのシーケンスソフトでシミュレートして形を整えるという方法で20年近くやって来た。それをメンバーに聴かせてイメージを喚起すれば話が早いのだ。そうやって作るから、サウンドの音の重ねもベースラインも割合細かく書かれた譜面が出来上がる。ピアニストには任せる形にしてはいるが、大石氏はだいたいその通りに弾く。ま、信頼してくれているわけだ。バンドでオリジナル楽曲を演奏する場合、細かい部分を演奏者にまかせてしまう方法もある。しかし、経験上、この方法だと予定していたイメージの20パーセントか、下手をすると10パーセント程度の成果しか得られないことが多い。それはプレイヤーの責任だと一概に言えるものでもない。聴いたこともない曲をいきなり出されて、サウンド構成からベースラインまでお任せする方に少々無理がある。それで出来得る限りの具体的なイメージを伝えることが重要になる。具体的なベーシックサウンドを提示すると、プレイヤーはそれぞれに自分のアイデアを付け加えてくれるから、結果はうまくいけば200パーセントになるわけだ。大石氏の提言では、あのデモテープのシーケンスデータで充分成立するというのだ。あれにサックスを入れて、バックのキーボードをオレが弾けばパーフェクトだと笑う。



 予期しない申し出に戸惑いはあったが、チャレンジする気にはなってきた。最初のアルバムを作った際に洩れた曲は多い。今でもたまにやる早いファンクの「moh moh」とか、初期のライブでは必ず1曲目にやっていた「92」、録音したがあまりうまく行かず没になった「Dr John」、気に入っていたがいつの間にか演奏しなくなった大晦日にほとんど徹夜で拵えた「Last Night」などなど。「92」は今は亡きセシル・モンローが「これはチャイルドだ、子供の歌だ」と言ったから「チャイルド」にしようかってな感じで、それだったらテーマ部分に子供の声が入ればいいなとか、イメージばかり膨らんでいく。すっかりその気になっているわけだ、これが。それで古いシーケンスデータを開いてみた。



 うーん、これは難事業になるなという予感はあって、少々気は重いが1曲ずつやっつけていくしかないと腹を括ることになった。とりあえず録音していない曲が20曲は下らないから新曲を作るほどのプレッシャーはないが、緻密に再構成して行く作業はかなりの集中力が必要だ。気長に1年ほどかけて録っていくことにしよう、ってな感じだ。

拍手[0回]

雪辱


 27日午前1時40分、サムタイムのライブから帰宅した。実にめでたいことに昨年のリベンジ、というか何に対して雪辱を果たしたのかは難しいところだが、1週間ほど呻吟を繰り返して創った曲の数々が浮かばれ成仏した。前回は1曲目のベースがもたつき、その上で始まったピアノサウンドがすでにアウトだった。どうしてか分からないがお遊戯会のピアノの先生のようだった。「あっ、今日は大変なことになった」と焦り、予定の曲を急遽入れ替えて対処しようと図ったが、酷くなるばかり。そればかりか、遂にはピアノ弾きがアホな切れ方をしてお帰り願う事態になってしまった。軽くトラウマになった。ミュージシャンは基本的に同世代のプレイヤーと生きるしかない。若手の世代と一緒にやるのもひとつの方法だが、分かりあえる余地は同世代の方がずっと大きい。しかし、あの件でその一角が脆くも崩れ去ったように思えた。もう引き時かと考えたのだ。気を取り直して、1月に若手とライブをやってみた。これも手強く、まるで障害物競走のようになった。諦めきれずにもう一度と組んだのが昨夜のライブだった。



 迷いは雲散霧消。心地よい瞬間がほとばしるライブになった。すべての曲が息を吹き返した。大石の力も大きい。同世代のベースの久末氏は、ボトムをしっかり支えてくれたし、吹きやすいったらありゃしない。同窓のトロンボーン奏者宮地利治に捧げた「The Very Thought Of You」は見事なタイミングで大石がストリングスを入れる。亡きヤツを偲ぶ曲でまた泣きそうになった。先日レコーディングに参加した歌手の三輪知可さんも駆けつけてくれて、泣いたと仰る。さらには間奏での大石のソロはハーモニカのトゥーツ・シールマンスのようだった。あの曲が昨夜のライブを象徴していたように思える。豪放なファンクとセンシティブな緩が起伏を織りなし極上のライブになる。期せずして目論見は開花し、アンコールの「Crazy He Calls Me」で止めだった。たぶん、今までのライブから一皮むける切っ掛けになるのではないかと思われた。というか、またライブを続けられるってのが実にありがたい。

 昨夜のセットリスト
1 王様の耳
2 Evening Haze
3 Old Man
4 Calm Wind  
5 Dr John 
6 Cussedness

1 The Very Thought Of You (Standard)
2 Detour
3 Hush Little Baby (Traditional)
4 Sad Wings
5 Spiral Upstairs
6 Blueberry Hill (Standard)

アンコール
 Crazy He Calls Me (Standard)
括弧表記のないものはオリジナル

拍手[4回]

リハーサル


 昨日は久々のリハーサル。初顔合わせだから大変なんだが、ちょうど深大寺のあたりを走っているときに期待感が増してワクワクとした気分になった。だいたいリハーサルというものは不安と期待が綯い交ぜになっていて、ましてやオリジナル曲がほとんどだから尚更のこと。



 たいしたことをやっているわけでもないが、そのワクワク感というものが大事なのだ。それが無くなったときは終わりだといってもいい。ステージ横で緊張しながら出番を待つ際は、ワクワクと言うより武者震い的な闘争心が必要なことも多々あった。無理やりにでも奮い立たせないとプレッシャーで押しつぶされそうになり、実際かなりのヘマな事態に陥ったこともあるのだ。スタジオでの録音の際にも、大人数で同時録りなどという時には、ソロなどがあれば心臓が口から飛び出しそうな気分も味わった。しかし、録音はやり直しがきく。ステージは間違ったらそれまでよだから油断できない。テレビの生番組などでの演奏は殊の外緊張を強いられる。その緊張でミスをしてしまうケースも多い。なにしろそのような場でのミスが命取りで消えていったプレイヤーさえいるのだ。大人数の場合は常にトップノートを吹くトランペット奏者に最もプレッシャーがかかる。サックス奏者は主にソロ部分などで緊張を強いられるが、トランペット奏者の全体に係わるウェイトは大きく、こなしてきたトランペット奏者というものはたいしたものなのだ。

 それで、リハーサルは伝達不十分で1時間以上遅れてやってきた人もいて、てんやわんやだったのだけど、なんとか所定の曲は一応復習えた。しかし、自分の演奏どころじゃなかったので、いまからスタジオを借りて個人的なお復習いをすることになった。

拍手[0回]

打ち合わせ的会合


 普段はまず利用しないファミリーレストランで待ち合わせ、次のライブでご一緒するベーシストに譜面を渡してきた。一年ぶりの吉祥寺サムタイム。昨年は気合いが入り過ぎ、難曲を取りそろえたもので見事に空中分解した記憶も生々しい。修羅場をくぐり抜けた腕利きだと思っていたものだから、これくらいは造作もないだろうと踏んでいたのだ。最初の一音からグダグダになった。それで、前回のことも踏まえ、硬軟取り混ぜて用意することにした。



 今回はピアノが大石クンだし、前回の轍を踏むことはない。なにしろ彼はプロの鑑のような演奏家であって、全曲きっちり復習ってくることは間違いないのだ。久々のライブに一曲だけゲストで来る際にも、全部の譜面を持参してくる人なのだ。それで「どの曲やる?」ってな具合だ。

 今日会った久末氏はほぼ同世代。同じような人脈の中で生きてきたものだから、限りなく話に花が咲く。未だシリアスに音楽を追い求める先輩の話も、老いてついに演奏が困難になった方の話も同じように話題に上る。世界の演奏家の動向などに話が及べば、つい熱も入ろうというもの。彼のようなベテランが土台を支えてくれればサウンドも落ち着くし、ま、リハーサルが楽しみなのだ。

拍手[0回]

カレンダー

12 2019/01 02
S M T W T F S
3 5
8 11 12
15 17 18 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新記事

(01/20)
(01/16)
(01/14)
(01/13)
(01/10)
(01/09)
(01/07)
(01/06)

アーカイブ

最新コメント

[12/10 s・f]
[09/26 s・f]
[09/26 ぐれじゅー]