☆☆☆

Embraceable You


 ジャズの雑誌として有名なダウンビート誌を、ついこないだまで10年近く購読していたが、次第に置き場所に困るようになり、デジタル版に変えた。最初にこの雑誌を買ったのは博多にいるころだった。今でも70ページぐらいだが、当時は薄っぺらい40ページほどのものだった。しかし、その頼りないページ数にも関わらず、アメリカのジャズ界で何が起きているのか知ることの出来る貴重な情報源だった。ミュージシャンのインタビュー記事も豊富で、辞書を片手に読解しようと必死だった。雑誌にはジャズを学ぶ人のための講座のコーナーがあって、ソロのコピー譜が掲載されることも多かった。



 チャーリー・パーカーの「Embraceable You」は1970年の4月号に掲載された。まだPCなど普及していない時代だから、ミュージシャンが採譜した手書きの譜面だった。 ソロコピーは自分でもずいぶんやったが、速いパッセージを採譜するのは大変で、恐ろしいほどの忍耐力を求められた。


 情報の少ない時代だから、このようなコピー譜はありがたいものだった。キーはinCで書かれているからアルト用に移調して書き写した。パーカーはEmbraceable Youを何度も録音していて、それぞれに素晴らしいが、このテイクは名演の誉れ高いものだった。



 久々にこれを聴き、「ああ、そうだよな、そうだったよな」と感慨深かった。ビ・バップのスタイルは上京してから就いた菊地師匠に2年間ほど叩き込まれた。基本的なパッセージを全てのキーで吹けるようになるというようなことだ。しかし、そのように訓練されたことは入り口に過ぎず、その基本からいかに発展させて自分のラインを作るかが要だった。それがむつかしい。誰かに就いて習っていると、様々な断片を繋ぎ合わせることに腐心するようになってしまうのだ。ソロを格好がつくように構築するにはそれが早道であって、それを始めると自分の想像力をかき立てるということをしなくなるわけだ。このパーカーのソロは元のメロディの断片も僅かで、彼自身のアイデアが詰め込まれている。見事に自分の歌としてのインプロヴィゼイションで、彼独自の世界が紡がれている。アドリブ・ソロは油断しているとフレーズだけを追い求めるようになり、自分の歌を作り上げるということから遠ざかってしまう。あーあ、この原点の気分を忘れかけていたかもしれないと反省しきり。改めてパーカーの偉大さをシミジミと聴いてしまったのだ。

拍手[0回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
2 3 6
8 10 11 13
14 16 17 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

アーカイブ

最新コメント

[09/26 s・f]
[09/26 ぐれじゅー]