☆☆☆

ビリー・チャイルズ


 今年もグラミーの受賞者が発表された。アルバム・オブ・イヤーとレコード・オブ・イヤーはChildish Gambino(チャイルディッシュ・ガンビーノ)が受賞した。ああ、情報不足で知らない。MTVが盛んに地上波で放映されているころはアメリカの音楽は身近にあったが、音楽的な鎖国を業界が始めてからは、とんとこの手の情報が入らなくなり、毎年グラミーが発表されるたびに「それ、だれ」と相成る。元々はラップ系だったらしいが、少し路線を変更しての受賞だという。それで音源を入手して聴いてみた。80年代のファンクを思い起こさせるサウンドで違和感なく聴けた。 ソング・オブ・イヤーはBruno Mars - That’s What I LikeでYouTubeでの視聴回数が1,152,902,305 回、とんでもないことになっている。ま、おっさんが知らなかっただけらしい。ジャンルが多過ぎることもあるが、知らない名前が多い。
 それで馴染みのあるジャズ部門に目を向けた。ピアノのBilly Childs(ビリー・チャイルズ)の「Rebirth」がベストアルバムに輝いていた。おっ、いいぞ、いいぞってな感じだ。ビリーはフレディ・ハバードの原宿キーストンコーナーでのライブで聴いたこともある。彼のピアノに参ったのはグロバー・ワシントンの晩年のアルバム(確かラストアルバム)での演奏だった。このアルバムではストリングスなどの入った編成でクラシックのオペラのアリアをグローバーは吹いた。白鳥の歌にしても哀しみのある作品だった。ここでのビリーの繊細なバッキングに魅入られ、俄然ビリーのピアノのファンになった。いつか共に録音することがあればと夢想したりした。ずいぶん前に見たホームページでの情報によれば小さな編成でのアンサンブルでの活動も活動も行なっているとのことだったが、その後の消息は不明だった。2011年には作曲でグラミーを受賞していたことも今日知った。



 このアルバムは知らなかったものだから、早速ダウンロードで入手して聴いた。アルトとソプラノのスティーブ・ウィルソン、ドラムのエリック・ハーランド、オーストリア出身のベースのハンス・グラヴィシュニクのクァルテットを核に、ゲストプレイヤーが入る編成。曲はかなりコンテンポラリーな作りになっていて、スティーブ・ウィルソンの存在感.、エリック・ハーランドのドラムに感心したり驚いたり。しかしながらミシェル・ルグランの「風のささやき」やホレス・シルバーの「Peace」が収められている所がこの人らしい。彼はハンコック、チック・コリア、キース・エマーソンなどと並んでヒンデミット、ラヴェル、ストラヴィンスキーなどにも影響を受けたと語っていて、クラシック関連の作品も数多く発表している。受賞アルバムの「Peace」などのような繊細で厳しい演奏が個人的にはツボでたまらないわけだ。

拍手[0回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
4 5
10
13 15 17 18
21 25 26
27 28 29 30 31

アーカイブ

最新コメント