☆☆☆

ミーン、ミーン、ミーン


 今年の暑中見舞いの葉書の図案はイラスト化した蝉だった。蝉だ、夏だってなものだった。10年ほど前は猫のみかんがひっきりなしに蝉を捕まえて持ってきてくれたから、夏になると子供の頃のように蝉に触れた。




 ま、だいたい蝉はやかましい。以前の住居はエントランス部分がやけに反響する造りになっていて、そこの壁際で鳴く蝉の声に肝を潰したこともあった。蝉の声には聞こえず、なんだかとんでもないトラブルに見舞われたかと思った。蝉の鳴くのは求愛行動で、雄だけが鳴くらしい。あの鳴き声は種の保存のために鳴いているわけで、やつ等にとっては切実なものらしい。鳴き声はよく知ってはいるが、遠くから見るだけで、どのように鳴いているかは知らなかった。このところ車を点検に出しているのでバスを移動手段として使っている。この暑さだ。バス停の側の木陰で待っていると、突然悲鳴のような蝉の声に襲われた。至近距離だ。どこだ、どこだと探すと、目の前の枝にいた。かなり近い。1メートルもない。それで、蝉の鳴く様子をつぶさに観察することになった。短い体の尻の部分をプルプルと上下させながら音を出す様子に見とれてしまったのだ。蝉は腹と羽をこすって音を出すなどと言うが、羽は背中に付いているし、ほんとかな的疑問を感じつつ見ていた。至近距離で見ても音の出るシステムは分からないのだ。腹の部分には空洞があって、そこで共鳴させて大きな音が出るらしい。そいつは中々頑張っていて、6、7回叫んで業務終了。鳴き終わると最後のジッという声も立てずに速やかに飛び去った。はい、ごくろうさんってな感じだったが感動した。さて、その蝉だが、耳があるという話は聞いたことがない。たぶん自分の立てるでっかい音は知らないわけだ。しかしながら、自分の体に感じる振動で、「今日もよく鳴っているなあ、絶好調だな」などと思っているのかも知れないのだ。

拍手[0回]

朝顔


 夏休みに入ってスーパーなどで子供の嬌声を聞くことが増えた。そりゃあ嬉しい。夏休みに入って1週間ほどは躁状態だったことを思い出す。次第に足は遠ざかったが、面白くもない朝のラジオ体操にも1週間は真面目に通った。夏休みは蝉を捕ることも義務のように果たした。虫かごに無理にでも詰め込み、蝉たちは朝の通勤ラッシュの電車内のような状況で息も絶え絶えになった。蝉を飼うことは出来ないし、結局は放してしまうのだけど、蝉たちには申しわけなく悪いことをした。毎年のようにやったことは朝顔を育てることだった。水を含ませた脱脂綿の上に種を散らし、その皿を暗い押入れに入れて置くと数日で発芽した。頃合いを見計らって土に植えれば簡単に朝顔は育った。後は細い竹の棒でも立てておけば、やつ等はスルスルと蔓を伸ばした。単純作業だから苦もなく植物の栽培を経験できた。



 最初の花は毎年感動した。「おおー、咲いた咲いた」ってなものだった。しかし、朝顔ってものは朝だけの命で、昼ごろには咲いたことを後悔でもするように、だらしなく萎れうな垂れた。その都度ガッカリした。それでもガッカリを何年か繰り返した。



 朝顔なんて東洋だけのものかと思っていたら、欧米にもあった。北の地方では育ちにくい植物らしく種類は少ないが「Morning Glory」というらしい。直訳すれば「朝の栄華」ってなことだ。
 最初の写真はアメリカのガーデニングサイトのものだ。これが僕らのイメージに最も近いもので、他はだいたい色合いのけばけばしいものが多い。



 品種改良の果てと思われるが、どちらかと言えば「我がもの顔」ってな気もする。



 近ごろは蝉の声を聞くことも少なくなってきたし、花の栽培に熱心なおっちゃんの家の庭でも朝顔を見ることはない。たぶん、おっちゃんもしおしおになってしまった朝顔の花どもを見るのが嫌なんじゃないだろうかと勝手に推察している。

拍手[0回]

靖国の桜


 昨日、高井戸インターで一般道に降りたが、高架下の隙間から満開の桜が見えた。これは今日を逃すとまずいかもってんで、所用を済ませたら以前から気になっていた場所に向かうことを決めた。スタジオ・ミュージシャンとして多忙を極めていたころ、ちょうど今の時期に、市ケ谷と九段下の間にある一口坂のキャニオン・スタジオでの仕事が入った。その日は桜が満開で、堀を渡る際に見えたのはそこらを埋め尽くさんばかりに溢れた白い綿のような景色だった。それで、毎年その時期になると、そのスタジオでの仕事を期待していたが、こちらの期待通りにはいかず、満開には程遠かったり、葉桜になっていたりした。そんなことも忘れていたのだが、突然それを思い出したってわけだ。勝手知ったる東中野の駐車場に車を入れ、電車で市ケ谷に向かったのが昼過ぎ、夏日かというほどの暖かさで風もなく穏やかな空気。いいぞいいぞってなものだ。



 市ケ谷の駅から対岸の桜どもが見える。近寄ればこんな感じだ。線路沿いの土手を歩くのも悪くないが、外堀通り沿いに歩いて九段下方面を目指す。靖国神社、武道館方面に向かうわけだ。



 外堀通り沿いの桜は触れることが出来るほど近い。




 いくぶん花が落ちかけているが、なかなかのものだ。


 
 対岸の土手下を総武線がひっきりなしに駆け抜ける。それで、40分ほど歩いて靖国神社に到着。



 以前にも桜の時期に立ち寄ったことはあるが、境内を一周したことはなかった。思ったより広かったし、そこかしこにある建造物などに只事ではない空気も感じてしまうのだ。






 せっかく本殿まで来たのだから、お参りしないわけにはいかない。





 靖国通り側から見ると、こんな風だ。番町に向かう左の方面も道路沿いは桜、桜、桜ってなことになっている。満開のピークは過ぎていて、散った花びらが境内の池を覆い尽くしていた。



 アップで撮るとこのような感じだが、池には鯉がいて、時おり赤い巨体をゴボッ、ズボッてな音をたてて現す。息苦しいじゃねえか、ということかもしれない。



 

 境内の一角にこんな所があった。左の階段を上がると、一つの部屋が休憩所になっていた。なんだかお城のような建物だ。基本的に境内での飲食などは禁止されていて、幾つかの茶店だけで供されている。馬鹿騒ぎもなく穏やかなのは新宿御苑と同じだ。散り始めた満開の桜は、少し強い風が吹くと、そこら中が桜吹雪に包まれる。その都度、周りから「わーっ」という歓声が聞こえた。間違いなく「わーっ」だった。



 さて、神社を出てすぐの場所が武道館入り口の田安門。



 下の写真は、お濠、牛が渕方面を撮った写真ということになる。




 千鳥ケ淵方面はボートで遊ぶ人たちが見えた。

 

 ここから坂を下ると九段下の駅がある。東西線で落合に向かうのだが、この坂の混雑ぶりがすごかった。縁日と同じ。皆さんお疲れさまでしたってな感じだ。

 

拍手[0回]

さくら その壱


 毎年のことで申しわけなくも、また桜だ。若いころ、この花に注目した記憶などないと言っていい。桜のイメージは「貴様と俺とは同期の桜・・・」と子供のころから散々聞かされていたし、戦時中の兵隊を連想させ、どちらかといえば負の印象の方が強かった。靖国で会おうなどという台詞もいやというほど聞かされた。



 桜の花を待ち遠しく思うようになったのは50代に差し掛かったころだったはずだ。ホームページに四季折々の風情を折り込む際、桜というのは絶好の対象だった。それで、毎年のように写真を撮ったりしている内に春のイベントとして定着してしまった。
 駐車場には車に覆いかぶさるように二本の樹があるが、桜にもせっかちなヤツとのんびり型があるらしく、右側の樹がひと足早く咲き誇っている。


 ピカピカ新品の花びらは触れてはならぬような気品というものがあって、なかなか好ましい。歳を食ってそんなことにも気付いたってわけだ。

拍手[0回]

兆し



 朝晩の冷え込みは相変わらずでも、日中の陽射しに春の予感が垣間見える。冬嫌いの当方としてはいいぞいいぞってなものだ。



 川沿いの遊歩道を歩き、今日もまた鳥たちを見ることが出来た。写真には撮らなかったが、あちこちに放り投げたと思われるペットボトルなどがあって景観を損ねているわけだが、心無いというか心貧しいバカはどこにでもいるらしい。



 川岸で休憩するらしいサギ。


 赤い靴のカモも健在。



 仮面のように見える。


 何はともあれ春が近いのはありがたいことなのだ。

拍手[0回]

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
2 3 6
8 10 11 13
14 16 17 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

アーカイブ

最新コメント

[09/26 s・f]
[09/26 ぐれじゅー]